パパ活のデートにかかる時間は?デート内容別の平均時間を解説します

パパ活のデートにかかる時間 パパ活マニュアル

みなさんこんにちは、ナオキです。パパ活でデートの約束までこぎつけても、あとは相場のお手当を払って好きに楽しめばOK!というわけにはいきません。

やっぱり基本的なデートの時間を守らないと、時間延長でお手当を追加してあげなくてはいけませんし、やたらと女性を長時間拘束するのはマナー違反です。

ということで、今回は、パパ活デートでの標準的な拘束時間について解説していきますね。

パパ活デートの種類と時間

まず、パパ活デートにはいくつか種類があります。そこをおさらいしてみましょう。

【パパ活デートの種類】

■顔合わせ

■食事デート

■デート

■大人デート

それぞれのデートには適正時間があるので、それぞれの内容を含めて確認していきましょう。

パパ活デート①顔合わせ

「顔合わせ」はパパ活で初めてお相手と会うことを言います。実際に会ってみてお互いの印象や条件を確認して、引き続きパパ活を続けるかどうかが決まります。

具体的には、別の記事でも書いていますが、落ち着いたカフェやホテルのラウンジなどで会って話をします。自己紹介や条件面の確認などを話し、平均的な時間は1時間程度です。この時のお手当は3000円~5000円となります。

blank

話が盛り上がったり、次のデートの約束までできそうなほど、お互いの印象が良いなら多少長居してもいいですが、初回でお手当の額も少額なため、長くても1時間程度で切り上げたほうがいいですね。

パパ活デート②食事デート

食事デートの場合は、食事の内容にもよりますが、食べ物の提供時間や食べている時間があるため、お茶をしているときよりは長くなります。また、ディナーかランチかによっても変わってきますね。

ランチデートの時は、1~2時間です。お店もそれほど長居されては困るはずですし、2時間も食事自体に時間はかからないはずです。食後のお茶を入れても2時間以内に収めましょう。

ディナーの場合は、コース料理の場合もありますし、一緒にお酒を楽しむこともあるので、2~3時間程度と考えておきましょう。

blank

食事デートのお手当相場は1回1万円程度とされていることから、男性的にはディナーの方が割安で、女の子側からすると、ランチデートの方が手っ取り早く稼ぐことができると言えますね

パパ活デート③一般的なデート

これに関しては普通におでかけするデートになります。ショッピングやドライブ、映画などですね。この場合は途中で移動する時間などもあるため、半日~1日と拘束時間は長くなります。

1日(日帰り)となると、途中で食事を挟むこともありますが、デート1回につきお手当の支払いは1回でいいと思って大丈夫です。ただ、お手当は3~5万円程度になります。

顔合わせ時のお手当を時給換算すると1時間3000円~5000円になることから、そこを目安にして考えると、3万円なら6時間程度はデートに付き合ってもらえるということになります。女の子側も時給5000円換算であれば好条件と思ってくれるはずです。

blank

6時間以上となるとほぼ一日になり、出かけて、食事をして、お手当を払うとなるため、男性もかなり金銭的に負担は大きくなります。お相手との交渉次第になりますが、6時間程度が女の子も疲れなくていいですね。

パパ活デート④大人デート

これは大人の関係込みのデートになります。ただ、ホテルに行くだけというよりは、その前に食事をするパターンの方が多いですね。そのため、平均的な時間は3~5時間程度になります。

大人の関係をもつ場合の相場は3万円が一般的なので、食事デートのお手当も含めると総額は4~5万円。時給にすると約1万円になるので、大人の関係込みでのデートを望んでいる女の子が多いのも事実です。

パパ活デート⑤その他

上記の4つのパターンが多いパパ活デートですが、それ以外のデートを希望する人もいます。例えば映画、カラオケなどがそれにあたります。

映画の場合は、一緒に映画を見るだけ、もしくはその前後にお茶をするぐらいのものなので、拘束時間はトータル3時間程度にはなりますが、お手当自体は5000~10000円で交渉して十分OKがもらえる場合が多いです。

カラオケに関しては、完全に個室になる点と、カラオケ店のスタッフにもあまり目につかないことから、女の子は警戒して断られる可能性があります。お手当としては映画と同じぐらいで考えていいですが、カラオケに誘えるのは何度もデートを重ねて関係性が続いている相手だけだと思った方がいいですね。

平均的な時間をオーバーした場合

ここまでで、パパ活の基本的なデートの種類や平均的な時間、お手当についてわかったとは思いますが、時間を計ってデートしているわけじゃないので、集合から解散までの時間が長くなってしまうこともありますよね。その場合どうすればいいかを考えてみましょう。

食事の提供時間などで時間をオーバーしてしまった場合など、2~30分程度であれば、誤差の範疇だと思っていいですね。逆にそのぐらい短くなることもあります。映画やカラオケであれば、ほぼ時間にブレはありません。お茶する時間を気にしていればいいだけです。

ただ、基本的な拘束時間を1時間以上超えてしまうようであれば、追加でお手当を支払った方がいいでしょう。金額に関しては難しいところではありますが、時間を超えてしまったことで相手にどのぐらい迷惑がかかるか、ということを加味して相談すればいいですね。

パパ側から追加のお手当に関して切り出したほうが、相手には誠意が伝わるので、やたらと大きな金額を上乗せされることはないはずです。

blank

ただ、帰りの電車がないという状況にまでなった場合は、タクシー代+お手当1万円ぐらいは渡してあげたほうがいいでしょう。

パパ活のデート時間で気を付けること

パパ活をする女の子たちは、デートの時間帯にも気を付けています。出来れば昼間、遅くてもディナータイムや電車で帰宅できる範囲内と考えています。

深い関係性を築けている場合は、お泊りデートもありですが、基本的には当日中に帰らせてあげること、基本的な時間をオーバーしないことにパパ側も気をつけましょう。

女の子もずるずると時間を引き延ばされては効率が悪いため、あらかじめデートの終了時間の希望を用意している場合があります。デートの後に用があると言ってくるのが定番ですね。

それが本当かどうかはわかりませんが、あえて詮索せずに了承し、自分が希望するデート時間よりも短いと感じたときは、その場でお手当の交渉をしてみるといいですね。

また、デート当日ではなく、約束をする段階で、ある程度の時間の幅をお互いに了承した上で会うことをお勧めします。

パパ活デートの時間についてまとめ

今回はパパ活デートの種類、それぞれの時間とお手当相場について解説してみました。

パパ活のデートには目安となる時間やお手当相場がありますが、時給制ではありません。パパ側だけが女性に気をつかって時間を正確に守ったり、細かく追加のお手当を支払えばいいというものでもないです。

信頼関係を築いていれば、多少の時間オーバーも次回へつなげるために大目に見るという女の子もいますし、パパもそこに付け込んでお手当をケチったりするのはよくありません。

親しくなれば、相手が動きやすい時間というのもわかってくるはずなので、臨機応変に対応できるようになるといいですね。

blank

僕の場合、「今日はちょっと遅くなってしまいそうだから、〇〇円上乗せしておくね。また会えるといいな。」って感じでお互いに気持ちよくデートを終えるように気を付けています。金額だけじゃなく気持ちを伝えるのも大事ですよ。

パパ活始めるならまずはコレ!僕のおすすめパパ活専用アプリ

パパ活歴4年の僕が、実際に使いやすくてリピートしているパパ活専用アプリはコレ。複数のアプリやサイトを使い分けるのもパパ活を効率よく楽しむ秘訣です。

管理人ナオキ

ログインするたびポイントがもらえたりもするので、コツコツポイントを貯めるのも、無理なく続けるコツですね。

ラブアンなら大人の関係がすぐに見つかる

ラブアン

Love&(ラブアン)は、プロフィールに動画を設定することができるから、画像で顔を確認するよりもっと印象がつかみやすいのが嬉しいサイトです。

さらに、サイト内でオンライン顔合わせができる「恋のキューピット」っていうサービスが画期的で、連絡先交換より前に顔合わせができるから、相手選びが凄くしやすいんですよね。

管理人ナオキ

もうこれはオンラインパパ活って感じで、気軽なのがいい。顔合わせが先に終わっているわけだから、会う回数1回分、時間もお金も節約できちゃいます。

管理人ナオキ

プロフィール画像や動画も加工されているなら意味ないんじゃない?なんて思うかもしれませんが、このサイトでは過度に加工された画像や動画は公開できないシステム。オンラインでしっかりと相手を品定めできるところがかなり気に入っています。

料金プランにはグレードがあり、「ゴールド会員」「プラチナ会員」が選べます。もちろんプラチナ会員はいろんな機能が無制限に使えるけど、気軽に月額5000円以下で利用できるプランがあるのは有り難いですね。

会員の自己紹介文などは365日ずっと有人監視が行われているので違反する書き込みは徹底排除、危険な会員がいないってところも初心者に安心のサイトです。

ラブアン

Love&(ラブアン)公式サイト


paddy67なら希望のデートがすぐできる!

パディ67

paddy67(パディ67)は、毎日10000組の出会いが生まれている、今大注目のパパ活アプリです。

カレンダーシステムはとても使いやすくて、今日会える人も、次の休みに会える人も簡単に検索が可能です。会いたいと思ったそのタイミングで必ず出会いが見つかるのは嬉しいポイントですね。

希望するデートの内容を登録しておけるから、理想のデートがすぐに探せます。

管理人ナオキ

じっくり募集するもよし、ちょっとした隙間の時間に会える人もすぐに見つかるから、効率よくパパ活できるところが気に入っています。

ニックネーム登録OK、シークレットモードも搭載で、知り合いにパパ活がバレる心配もありません。もちろん、24時間365日の監視体制で、サクラや業者は強制退会と厳しい対応をしているから安心して利用できますね。

管理人ナオキ

「いいね」を送ってくれる積極的な女性が多いのも特徴で、相手の要望から選んでそれに応えられるのも男冥利に尽きます(笑)


公式サイトではアプリの使い方やパパ活のノウハウ、トラブル回避術など役立つ情報も発信されているのでパパ活初心者にも安心してオススメできるアプリです。

パディ67

googleplay

appstore


ただ会えるだけじゃないpatersで出会いのその先へ

ペイターズ

paters(ペイターズ)は、累計マッチング数が1200万件以上!数字からもわかるようにかなりの実績があるマッチングサイトです。

最大の特徴は、目的別にかなり詳細に出会いを検索することができること。しかも、スポーツしたい、食事したいというざっくりしたカテゴリじゃなくて、「ゴルフをしたい」「エステティシャンと繋がりたい」のようにはじめから目的ぴったりの相手を見つけることができますよ。

管理人ナオキ

好きなことがあらかじめわかるからやり取りがスムーズで、デートの場所がすぐに決まるのがいいですね。好みがわかっていると気が合う相手も見つかりやすいです。


patersでは、ユーザーのすべての投稿を24時間365日の監視体制で確認しているから、トラブルは事前に回避できます。

セキュリティも最高峰レベルの「EV SSL」を採用していて、データ管理が徹底されているから、個人情報の流出の心配もなく、安心して利用できますね。

管理人ナオキ

登録女性の質がいいから、思っているより「+α」の出会いが見つかるのがpaters(ペイターズ)です。その特徴から様々なメディアの取材実績もあるので、僕もかなりの信頼を寄せて利用させてもらっています。

ペイターズ

paters(ペイターズ)公式サイト


パパ活マニュアル
シェアする
パパ活ナビ
error: Content is protected !!