パパ活で身バレを防止する方法と個人情報を守るための対策【男性向け】

パパ活で身バレを防止する方法 パパ活マニュアル

こんにちは、ナオキです。パパ活サイトやアプリを利用してパパ活をする際に、「プロフィールにはどこまで個人情報を登録していいの?」「身バレはしないの?」というのは誰しも気になる点ですよね。

今回は、パパ活をするにあたって、どこまで個人情報を出していいのか、どうやって身バレを回避するか、ということについて解説していきます。

パパ活で身バレしないようにする理由

パパ活をするにあたって、もちろん身バレしないほうがいいというのは誰でもわかっていることですが、それでも再度身バレを防止すべき理由について解説しておきます。

社会的な地位を失いかねない

パパ活をしている、できる男性というのは、ある程度社会的に地位があり、お金を持っている男性ですよね。年齢的にも40代以上となることが多いため、既婚者であったり、子供がいるという場合が多いはずです。

単純にそのような人が、若い女性と金銭の絡むデートや肉体関係をもっていると、周囲にバレてしまった場合、信用を失い、社会的に制裁を受けることにもなりかねません。

また、肉体関係をともなう不倫は不貞行為として民法の「不法行為」となるため、配偶者から慰謝料を請求されたり、離婚へと発展する可能性があります。そのため、周囲へパパ活がバレることは絶対に避けなくてはいけません。

脅しやゆすりを避けるため

パパ活をするにあたって、身分や個人情報を相手に知られてしまうと、のちのちストーキングされたり、職場でパパ活をばらすようなことをされる可能性もあります。

職場に押しかけられてしまったら、そこで完全にパパ活がバレますし、仕事も家族も失いかねません。また、クレジットカードなどから個人情報を盗まれてしまった場合、悪用されることもあるため、やはり個人情報は厳重に守るように気をつけなくてはいけませんね。

パパ活での身バレを防ぐ方法

パパ活サイトやアプリの利用

もともとパパ活やギャラ飲みやパーティに参加するキャストと出会うという方法ではじまったものですが、今はパパ活専用のサイトやアプリが多数存在しています。

パーティ形式の場だと、はじめからお相手の容姿を確認することができますが、一度に大勢の人が集まっているので、他の参加者とも顔を合わせますし、ライバルが多くてうまく相手探しが進まず、無駄に費用や時間がかかってしまいます。

その点、自分の空き時間を利用して、じっくり相手探しができるのがサイトやアプリの良い面です。パパ活サイトやアプリは、パーティと同様に利用者の年齢を身分証を使って確認しているので、年齢を偽って利用する若年層を避けるという点でも安全です。

同じネット上のコミュニケーションツールとしては、SNSもありますが、基本的にSNSは身分の証明の必要はなく、フリーメールアドレスだけで利用可能だったりするので、18歳未満との接触に注意が必要になります。

また、利用者が多いため、パパ活専用アカウントを作ってもどこかで知人に見つかる可能性が有りますし、仮にお相手とトラブルになった際に、画像を流されて結果的に知人や友人にパパ活がバレてしまう可能性があるので、やはりSNSを使ったパパ活はお勧めできません。

お手当は現金手渡しにする

これは男女ともに重要な点ですが、お手当は現金で手渡しを徹底しましょう。振り込みはお互いに個人情報を交換しなければできないので、受け取る女性側も現金を希望します。

キャッシュレス決済が普及したため、ある程度匿名でも送金はできますが、お金が絡むアカウントを相手に知られてしまうことになるためおすすめはできません。

お店への支払いもなるべく現金で

デートの際に食事代の支払いをしたり、ホテルでの支払いが発生しますが、出来るだけここでも現金を利用しましょう。

支払い時ににカード情報を盗み見られる可能性もありますし、トイレやシャワーで席を外している間に、カードそのものを盗まれてしまうという最悪の状況もあり得るため、デートの時はカードを極力持たないのも個人情報を守るひとつの方法です。

お酒は飲み過ぎない

これも男女ともに重要な点ですが、お酒を飲み過ぎて気が大きくなったり、正しい判断ができなくなってしまうと、隙ができてしまい、個人情報を盗まれたり、お手当をたくさん渡す、渡すのを忘れてしまうという事態に陥ることがあります。

何度もデートを重ねて、お互いに信頼関係ができるまでは、お酒はたしなむ程度にしておくことが大切です。

身バレしないプロフィールの作成

身バレはしたくないけれど、近場で実際に会えるお相手を探したいというのがパパ活のもどかしい点ですね。隠し過ぎず、身バレしにくいプロフィールの設定について解説していきましょう。

シークレットモードの利用

パパ活サイトやアプリには、たいてい「シークレットモード」「プライベートモード」のような機能があります。これは、「いいね」をお互いに送り合っていなければプロフィールの詳細を確認できないという機能です。

プロフィールでしっかりと顔出しするのがお相手探しの基本ではありますが、パパ活サイトやアプリでは現状女性比率が爆発的に上がっているため、全員にプロフィールを公開しなくても十分にマッチングの可能性はあります。

管理人ナオキ

ある程度絞り込みをかけた相手にはっきりとした顔写真やプロフィールを公開して、じっくりと相手探しをすることで、個人情報の悪用も避けることができますよ。

基本のプロフィールの設定

まず、基本のプロフィールにはニックネーム、年齢、居住地を設定しますが、ニックネームに関しては完全に偽名で構いません。自分がお相手に呼ばれたい名前にしておけばいいでしょう。

管理人ナオキ

このとき、自分の本名に引っ張られる形でニックネームを設定しがちですが、全く関係のない名前を選んだほうがいいですね。

次に年齢ですが、ほんの2~3歳なら嘘をついても問題ないと言えますが、大幅に年齢詐称をするのはやめましょう。実際に会った時にごまかしがきかなくなったり、相手に悪い印象を与えかねません。

ただ、サイトやアプリで本人認証済のバッジをつけたいときなどは、身分証とプロフィールの年齢が一致する必要があるため、本人認証されていない=プロフィールにウソがあると解釈される可能性はありますね。

居住地については、詳細に明かす必要はありませんが、都道府県ぐらいまでは公開しましょう。それ以上はあえて公開しなくても、ある程度近いから会えると伝わります。

職業は、「IT系」「医療系」「サービス業」などざっくりしたジャンルだけで十分です。対話していくなかで職業について質問されることもあるかもしれませんが、なるべくおおまかな内容で返答して、職業や会社を特定されないように注意したほうがいいですね。

管理人ナオキ

個人情報を守るためには、仕事帰りでも社員証などを持ったままデートに行かないように注意しましょう。本名だけでなく会社まで特定されてしまうのでかなり危険ですよ。

やり取り中も個人情報の流出に注意

実際にやり取りがはじまると、はじめはお互いに質問ばかりになりがちです。しかし、自分が質問したからには同じことを聞かれてしまうので、相手の素性を聞きこみ過ぎないように注意が必要です。

デートの場所は、あまり自宅や職場に近すぎないところを選び、デートの内容やお手当の金額などを話して、お互いの生活圏がわかるようなトークは避けましょう。

連絡先交換は要注意

連絡先の交換は実際に顔合わせや初回デートが終わってからにするのが基本で、会えるかどうかわからない相手と先に連絡先を交換するのは避けましょう。

デートをした際に、お互いに了承した上で連絡先を交換しますが、LINEはプライベートでも利用している人が多いので、アカウントに本名やそれに繋がる情報が含まれることが多いため、フリーメールや、LINEの別アカウント、カカオトークなど、日常とは切り離された連絡先を用意しておきましょう。

デートの際の身バレ防止法

顔合わせやデートの約束をしたら、実際に街中で会うことになりますが、その際も知人友人に出くわすことが考えられます。出来るだけ知り合いがいないと予想できる場所を選ぶことをお勧めします。

普段から利用する店舗など、気に入っている場所があるとは思いますが、常連であれば店側にも顔をおぼえられている可能性があり、そこから知人や友人へデートした事実が伝わることも予想されます。

管理人ナオキ

逆に、〇〇周辺は避けたいとはっきり言ってしまうと、普段はその周辺で活動していると特定される可能性がでてくるため、NG地域をばらすのはよくありません。行きたい地域を提案する方が得策ですね。

パパ活における身バレ対策まとめ

パパ活をする際、はじめは相手がどんな人なのかは全く分かりません。お互いに相手のことを知って、安心して会いたいと思うのはわかりますが、会う前から個人情報を詮索すれば、相手にも同じように答えることになります。

はじめはお互いに当たり障りのない会話で人柄を見極め、ある程度の距離感を保ったままデートを重ねていきましょう。

何度か会ううちに、信頼関係ができてくるので、個人情報は必要があれば少しは公開しても問題ない場合もありますが、基本的にパパ活にプライベートな情報は必要ありません。きちんと会えてデート内容に自分が満足し、お手当でお相手に満足してもらえればそれでOKなのです。

管理人ナオキ

トラブルになった際に、個人情報をバラまかれたり、悪用されたりする可能性を考えて、あくまでも偽名を使い、居住地や職場はバレないように徹底した対策をすることをおすすめします。

パパ活始めるならまずはコレ!僕のおすすめアプリ

パパ活歴4年の僕が、実際に使いやすくてリピートしているアプリはコレ。複数のサイトやアプリを使い分けるのもパパ活を効率よく楽しむ秘訣です。

管理人ナオキ

ログインするたびポイントがもらえたりもするので、コツコツポイントを貯めるのも、無理なく続けるコツですね。

ラブアンなら動画プロフィールでミスマッチ無し

ラブアン

Love&(ラブアン)は、プロフィールに動画を設定することができるから、画像で顔を確認するよりもっと印象がつかみやすいのが嬉しいサイトです。

さらに、サイト内でオンライン顔合わせができる「恋のキューピット」っていうサービスが画期的で、連絡先交換より前に顔合わせができるから、相手選びが凄くしやすいんですよね。

管理人ナオキ

もうこれはオンラインパパ活って感じで、気軽なのがいい。顔合わせが先に終わっているわけだから、会う回数1回分、時間もお金も節約できちゃいます。

管理人ナオキ

プロフィール画像や動画も加工されているなら意味ないんじゃない?なんて思うかもしれませんが、このサイトでは過度に加工された画像や動画は公開できないシステム。オンラインでしっかりと相手を品定めできるところがかなり気に入っています。

料金プランにはグレードがあり、「ゴールド会員」「プラチナ会員」が選べます。もちろんプラチナ会員はいろんな機能が無制限に使えるけど、気軽に月額5000円以下で利用できるプランがあるのは有り難いですね。

会員の自己紹介文などは365日ずっと有人監視が行われているので違反する書き込みは徹底排除、危険な会員がいないってところも初心者に安心のサイトです。

ラブアン

Love&(ラブアン)公式サイト


paddy67なら希望のデートがすぐできる!

パディ67

paddy67(パディ67)は、毎日10000組の出会いが生まれている、今大注目のパパ活アプリです。

カレンダーシステムはとても使いやすくて、今日会える人も、次の休みに会える人も簡単に検索が可能です。会いたいと思ったそのタイミングで必ず出会いが見つかるのは嬉しいポイントですね。

希望するデートの内容を登録しておけるから、理想のデートがすぐに探せます。

管理人ナオキ

じっくり募集するもよし、ちょっとした隙間の時間に会える人もすぐに見つかるから、効率よくパパ活できるところが気に入っています。

ニックネーム登録OK、シークレットモードも搭載で、知り合いにパパ活がバレる心配もありません。もちろん、24時間365日の監視体制で、サクラや業者は強制退会と厳しい対応をしているから安心して利用できますね。

管理人ナオキ

「いいね」を送ってくれる積極的な女性が多いのも特徴で、相手の要望から選んでそれに応えられるのも男冥利に尽きます(笑)


公式サイトではアプリの使い方やパパ活のノウハウ、トラブル回避術など役立つ情報も発信されているのでパパ活初心者にも安心してオススメできるアプリです。

パディ67

googleplay

appstore


ただ会えるだけじゃないpatersで出会いのその先へ

ペイターズ

paters(ペイターズ)は、累計マッチング数が1200万件以上!数字からもわかるようにかなりの実績があるマッチングサイトです。

最大の特徴は、目的別にかなり詳細に出会いを検索することができること。しかも、スポーツしたい、食事したいというざっくりしたカテゴリじゃなくて、「ゴルフをしたい」「エステティシャンと繋がりたい」のようにはじめから目的ぴったりの相手を見つけることができますよ。

管理人ナオキ

好きなことがあらかじめわかるからやり取りがスムーズで、デートの場所がすぐに決まるのがいいですね。好みがわかっていると気が合う相手も見つかりやすいです。


patersでは、ユーザーのすべての投稿を24時間365日の監視体制で確認しているから、トラブルは事前に回避できます。

セキュリティも最高峰レベルの「EV SSL」を採用していて、データ管理が徹底されているから、個人情報の流出の心配もなく、安心して利用できますね。

管理人ナオキ

登録女性の質がいいから、思っているより「+α」の出会いが見つかるのがpaters(ペイターズ)です。その特徴から様々なメディアの取材実績もあるので、僕もかなりの信頼を寄せて利用させてもらっています。

ペイターズ

paters(ペイターズ)公式サイト


パパ活マニュアル
シェアする
パパ活ナビ
error: Content is protected !!